2008年06月27日

■ ダビング10! いよいよ開始

新聞記事からです。

いよいよダビング10が、7月4日から始まります。

現在、デジタル放送番組のコピーは1回しかできませんが、ダビング10という新ルールになると10回まで可能になります。

北京五輪に向けて、楽しみが増えそうですね。


記事の要約です。
---------------------------------------------------------------

ダビン10のスタートが北京五輪に向けた夏商戦に間に合ったことで、家電業界は「好調に推移している録画機やテレビの販売が、さらに盛り上がる良い材料になる」(大手象電量販店)と期待している。

古い機種からの貴い替えも進むとみられ、各メーカーが今年から本格腰入しているブルーレイ録画機を売り込むチャンスにもなりそうだ。
店頭で目玉商品として値引きが広がる可能性もある。

NHKや民放の地上波テレビ放送は、今はアナログとデジタル両方で流されているが、11年7月にはアナログ放送が終了する予定だ。

しかし、デジタル放送について、これまでコピーワンスの制限で、アナログに比べて不便だとの指摘もあった。
その意味で、ダビング10は、地上波テレビ放送の完全デジタル化に向けた取り組みを後押しするとの見方もある。

一方、ダビング柑で高画質の映像コピーがしやすくなることで、DVDソフトの販売に影響が出る可能性を指摘する声もある。

---------------------------------------------------------------
ダビング10は、6月から始めるはずでしたが、著作権の問題で1ヶ月ほど遅れてしまいました。

著作権者側と機器メーカーの対立に政府が仲介し、保証金という形で決着しそうです。

機器メーカーは、激しい価格競争に加え、今回の保証金をかぶるとなるとますます厳しい状況になりそうです。


タグ:ダビング10
posted by ペガサス at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101646513

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。