2008年06月30日

■ 最北端の大間崎 かわった体験型民宿!

本州最北端の大間崎は、「大間のマグロ」でかなり有名になりましたね。

その大間にちょっと変わったプランの民宿があるようです。

イカ釣りやイカの一夜干し作り、特産昆布を干す作業などの体験イベントができるし、おもしろいことに、下北地方特有の気候であるヤマセをPRして、気温が28度を超えたら宿泊料金を割引するというユニークな宿泊プランがあるそうです。

記事の要約です。
---------------------------------------------------------------
宿泊客には、イカ釣りやイカの一夜干し作り、特産コンプを干す作業など、漁師町らしい休験イベントを用意。

「大間の知名度はいまや全国区。でも、観光客は、マグロ一本釣りのモニュメント前で記念撮影したり、マグロ料理を食べたりするだけで、1時間もすれば飽きてしまうのでは」。

勤務先でリストラが始まり、「第二の人生」を考え始めた時、実家の目の前に広がる海と新鮮な魚介類を生かした「ブルーツーリズム」というアイデアが浮かんだ。

「都会の人たちに、釣りや磯遊びをのんびり体験してもらい、通年で大間マグロを提供できる民宿を経営しよう」と決意。
昨年3月末、千葉県相市から家族で帰郷した。

実家を建て替え、8月に民宿を開業。
「葵」は3歳の初孫の名前からとった。
「大間ならではの景色、おいしい食事や自然体験といった『遊び』を提供することで、町おこしにも貢献したい」と意気込む。

大間には「アラメ」と呼ばれるコンプなど海藻類が豊富で、皮庸の保湿効果もあるとされている。

今、力を入れるのは、アトピー性皮膚炎の患者にリラックスしてもらおうという宿泊プラン。
アトピー性皮膚炎を患う長男の雄介さんが、コンプ漁を手伝って肌の状態が大幅に改善されたという体験も踏まえ、ミネラル豊富な海藻をふんだんに採り入れた食事を提供したり、肌に良いとされる海水浴を楽しんだりしてもらう。
---------------------------------------------------------------
下北半島には、そのままの自然がまだまだ残っているそうです。
ニホンザルやカモシカには当然のごとく会えるようですし、恐山なんかも神秘的ですね。

暑い時期に、割引料金をねらって訪れてもいいかも知れませんね。

ラベル:大間崎
posted by ペガサス at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。