2008年03月26日

運慶仏14億円! 真如苑が仏縁で落札 

讀賣新聞の社会面からの記事です。


先日、鎌倉時代彫刻の巨匠である運慶の作と見られる大日如来座像が米ニューヨークの競売にかかり、日本の大手百貨店の三越が落札したという報道がありました。

日本を代表する貴重な仏像が海外に売られてしまうかも知れない、ということで大変心配していましたが、とりあえず海外に渡らなかったという安堵感と同時に、神聖な文化財が商業的に扱われることに何ともやるせないものがありました。

どうして三越が・・・と思っていましたが、実は宗教法人「真如苑」(しんにょえん)が三越に依頼して入手したということです。


これはその記事の要約です。
---------------------------------------------------------------

真如苑は1936年立教の密教系教団で、国内の信者は約85万人。
報道で競売を知り、密教で重んじる大日如来像で、開祖が運慶に希い思いを持っていた「仏縁」から、入手に乗り出した。
日本美術の競売では史上最高額で競り落としたが、用意していた額は「おのずから限度があり、息が切れ、海外に流出してしまう直前だった」という。

教団としては「単なる美術品でなく、みほとけ」との位置づけだが、「一般の方に見ていただけないのは適切ではない」としている。
寄託先については、東京国立博物館と協議を始めたという。

文化財指定にも協力する考えで、この日、文化庁に入手を報告した。同庁美術学芸課は「指定を見据えた調査を行い、文化財としての管理についても助言したい」としている。

--------------------------------------------------------------

伝燈法流・血脈のしっかり宗教法人「真如苑」が入手ということで大変安心しました。

「真如苑」は昨年、真言密教のすべてを勧請した大阿闍梨である教祖(故)伊藤真乗師の涅槃像や仏像、篆刻や書など、数々の作品を展示した「伊藤真乗の目と手」展を全国で展開して大変好評だったようです。

そしてこの3月、その作品が初めて海を渡り、米ニューヨークで海外初の作品展が行われました。
また、カトリック教会で仏教の法会を厳修するなど、人種や国境・宗派をこえて「世界平和」や「融和」「和合」にも積極的に取り組んでいるようです。


タグ:運慶
posted by ペガサス at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91036459

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。