2008年09月29日

■今どきのうつ病事情 強い心を!?

うつ病について、産業カウンセラーである高関薫さんのお話です。

高関さんは、企業と契約して社員相談に当たる産業カウンセラーですが、最近はうつ病と診断されて面談する社員の印象が変わってきいているということです。

うつ病は、沈んだ状態が続いて何ごとにもやる気が起きないという症状で、本来は、きまじめで手抜きが出来ない几帳面な性格の人が発病するというのが定説でした。

ところが、ここ数年は「もっと自分は出来るのに」と高慢な状態で周囲を責めるとか、不思議にも仕事以外になると活発になるなど、うつ病も少し様変わりしつつあるとのお話です。


讀賣新聞 医療ルネサンスからの引用です。
---------------------------------------------------------------
一昨年、うつ病と診断され、休職した30歳代のIT企業の男性社員もそんな人物だ。

高関さんとの面談中、「職場がつらい。先週も何もやる気が起きなかった」と訴えつつも「来週は東南アジアに旅行に行く」と話した。

この男性は半年間病欠したが、今度は、その分忙しくなった同じ職場の同僚が相談に来た。
疲れから、うつ病に陥る危険を感じたので休養を勧めたが、「今は休めない」と一段落するまで仕事を続けた。
こちらの方が、うつ病に陥りがちな気質に見えた。

ここ半年、うつ病関係で面接した会社員30人のうち、きまじめな従来型は約10人。
3分の2は、職場を離れると元気になるといったタイプで、「職場うつ」「未熟型」「逃避型」「現代型」などと呼ばれている。

産業医の経験が豊富な東大病院精神神経科の河村代志也さんは「最近増えた若い患者は、職場などの環境に順応できずに苦痛を感じてる『適応障害』や自己愛的な性格が元になって、うつ病と診断されている場合が多い」とみる。
こうしたケースでは、一般的な治療である抗うつ薬が処方されても効果は薄い。
「本人と職場」の問題なら、職場を離れれば症状は消え、元気になる。
単に長期間休養しても、同じ環境に戻れぼ再発しやすい。
---------------------------------------------------------------
うつ病であれば海外旅行にも行こうと思えないはずですが、とても不思議な気がします。

最近は気軽に精神科で受診される人が増えている事もあって、うつ病と診断される人たちが増えているというのも実態のようです。

今回の事例では、うつ病というよりも自分が現実を逃避したいという心理状態だけの気がしますが・・・。
それでは抗うつ剤やカウンセリングも効果がありませんね。

ある時、尊敬する方に「人を責めるのは自分の心が弱いから」と苦言をいただいたことがあります。

確かにその通りで、他人の言動や行動が受け止められないということは自分の度量が狭い、心のキャパが小さいということで猛省しました。

どのようなときでも自分中心でなく、すべてを受け止められる清浄で強い心を持ちたいものです。

ラベル:うつ病
posted by ペガサス at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

■ご存じですか? ペットボトルのキャップが大活躍!

讀賣新聞の投書欄からです。

ペットボトルのキャップがこんなところで活躍しています。

「リサイクルで省資源化」とまでは発想できますが、いろいろなワクチンに変身して途上国の子ども達を救っていた、なんて知りませんでした。


その記事の要約です。
---------------------------------------
横浜市港北区の住宅街の一角にあるNPO法人「エコキャップ推進協会」の集積所。
取材で訪れた一時間半の間、キャップが次々と宅配便で届けられたり、協力企業から持ち込まれたりした。

数十の家庭用ごみ袋に入れてきた女性店員(30)は、計量後、「計4万2000個、ポリオワクチン52人分でした」と告げられ、喜んでいた。

小さなキャップだが、国産なら素材は均一。
他のプラスチック類と混ぜない方が効率よく再生でき、建材などに利用できる。

エコキャップ推進協会は集めたキャップをリサイクル業者に売却し、利益は途上国の子供にポリオ、はしか、結核などのワクチンを贈
る→世界の子どもにワクチンを日本妻貞会」(lCV)に寄付する。
1人分のポリオワクチンは20円で、キャップ800個分の売り上げに相当する。

エコキャップ推進協会の回収量は急増している。
昨年末までの累計は940万個だったが、10日現在では5280万個に伸びた。
各地でもキャップを集めて再利用に回す団体が増えているという。
環境省によると、ペットボトルを分別収集する自治休は2006年度、全自治体の96%。

一方、プラスチックごみを収集し再資源化する自治体は68%にとどまる。
3割以上の自治体でキャップが廃棄されていることも、こうした活動の拡大を後押ししているようだ。

ただ、回収数がさらに増えれば、エコキャップ推進協会ではーか所の拠点でさばくのは難しくなりそうだという。
別の団休「グループMATE(マテ)」(横浜市)は保管費用がかかるとして、置き場所の確傑など行政の支援を求めている。

ペットボトルの年間消費量は200億本以上と言われる。
今後、行政によるプラスチックごみの収集が進んでも、キャップのポイ捨てなどはなくならないだろう。
--------------------------------------------

あのペットボトルの小さなキャップで途上国の子ども達が少しでも救われていた、と思うと1個たりとも無駄にはできませんね。

でも、NPO法人や推進協会が回収に懸命な反面、3割以上の自治体が廃棄しているというのはどういうことなんでしょう?

保管場所の確保にも困っているという実態があります。
行政や自治体だけでなく、一人ひとりの前向きな協力やPR活動に取り組んでいく姿勢がもっと大切ではないでしょうか。

ラベル:リサイクル
posted by ペガサス at 21:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

■ 「振り込め詐欺被害金」 すぐ返還! 

昨年末に成立した「振り込め詐欺被害者救済法」が、いよいよ21日に施行されます。

この仕組みは、民事裁判で勝訴しなくても簡易な手続きで被害金を返還する新たな制度です。

詐欺に悪用された口座を金融機関が凍結して、残金を被害者に分配するという画期的なものですが、その口座はインターネット上にしか公告されないため、若干課題もありそうです。


記事の要約です。
---------------------------------------------------------------

金融庁によると、全国で凍結された口座は昨年13月末時点で約17万口座に上り、残高の総額は約83億円。

同法の対象外のマネーロンダリング(資金洗浄)などに利用された口座も含まれており、現在、各金融機関では、振り込め詐欺の被害
額の算定を急いでいる。

これまでも被害者は民事訴訟で勝訴すれば被善金を取り戻すことは可能だったが、費用や時間の面で大きな負担になっていた。

同法では、凍結口座の名義人や残高を預金保険機構がホームページ上で60日以上、公告し、名義人から異議がなければ、該当口座が返
還対象であることを同じく30日以上公告する。

---------------------------------------------------------------

振り込め詐欺なんて他人事と思っていましたが、自分のメールにも「○○に自動契約されましたので○○万円振り込んでください」というものが飛び込んできました。

今は1日に300件ぐらいのメールが飛び込んできます。
70%くらいはスパムメールで、解除しても解除してもきりがありませんが、たまにまとめて解除作業をやっていると解除アドレス意外のところをクリックしてしまったりします。

メールの中には、間違えてワンクリックしただけで「あなたは契約されました」というメッセージが出るものがありますので十分気をつけましょう。

しつこく請求メールが来るときには、所轄の警察署へ告発したほうが解決が早いと思います。


ラベル:振り込め詐欺
posted by ペガサス at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

■ 肩こりをなおす 「運動で改善」ダメなら? ■

肩こりでお悩みの方はかなりいらっしゃいます。

肩こりの原因は、筋肉疲労ストレスだけではなさそうです。

素人判断だけでなく、症状によっては医療機関で受診されることをおすすめします。

以下は新聞記事の要約文です。
----------------------------------------

痛みを治療するペインクリニック「青木クリニック」(東京)院長の青木正美さんは「肩こりは、神経や骨が原因の場合もあります」と指摘する。

かと言って、この段階では眠れないほどの痛みを感じるわけではない。

「問題は、神経が圧迫を受け過ぎて神経痛となった場合や、ストレスが強く自律神経に障害が起きた場合です」と青木さん。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、仕事などでは交感神経が、リラックス時は副交感神凝が優位になる。

ストレスが強すぎると、切り替えがうまく行かず、交感神経が優位のままになって、肩や首の筋肉ががちがちになり、血行がさらに轟くなる。

これらの場合は、ペインクリニックなどの医療機関を受診したほうがいい。

見分け方のポイントは、運動やマッサージで改善しないうえ、表に示した症状がある場合。

■■ 医療機関で受診した方がいい症状 ■■
 ◆ 肩に人が乗っていると感じるほど、繰り返し苦しくなる
 ◆ 手に冷感がある
 ◆ 頭痛を伴う
 ◆ 首や腕、手にしびれがある
 ◆ 寝違えることが多い
 ◆ 病くて眠れない

---------------------------------------------------------------
ペインクリニックでは、「神経ブロック」呼ばれる特殊な治療も行っているようです。
たかが肩こりと軽視しないで、症状によっては受診された方がいいようですね。


ラベル:肩こり
posted by ペガサス at 14:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

髪を元気に!! ミカンの皮で作る育毛水

讀賣新聞の「くらし・学び」欄からの記事をご紹介します。

今回は「ミカンの皮で作る育毛水」のご紹介です。

柑橘類は毛髪によいということは良く耳にしますが、実際にミカンの皮を使って育毛水を自作する方法ですので、脱毛に悩んでいる方やすでに薄毛になっている方は参考にしていただければと思います。


松山市のMさん(55才)は、約5年前からミカンの皮を材料にした自作の育毛水を使っているそうですが、娘さんから「最近、髪の毛が濃くなったね」といわれて喜んでいるそうです。

また、ミカンの皮を使った育毛水は、日本かんきつ研究所でも半年使った男女計50人の64%が「効果があった」、というデーターがあるそうです。

また、北里研究所(東京・港区)では毛を剃ったマウスで実験したところ、何も塗らないマウスに比べて早く毛が生え始めたという実験結果が出たそうです。

ミカンの皮には「d−リモネン」という有効成分があり、抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンの働きを抑制する効果や、毛根周囲の線維芽細胞を活発化して毛根細胞を元気にするアミノ酸も多分に含まれているそうです。


◎それでは「育毛水の作り方」をご紹介します。

@ミカンの皮は温州でもイヨカンでも何でも良いそうです。
A水洗いした後、薄くむいた皮を2〜3日陰干しをする。
Bそのあとホワイトリカーに漬け込んで1週間くらいで皮を取り除く。
Cさらに冷蔵庫で2週間くらい寝かせれば完成です。


この育毛水を朝晩頭皮に4〜5滴(約1ml)塗り込むのですが、人によっては頭皮の炎症を起こすおそれがあるので、事前に腕などに塗ってみて異状がでないことを確認した上で使用された方がいいようです。




posted by ペガサス at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

抜け毛解消! 頭髪が増えるかも?

讀賣新聞の「くらし・学び」欄からの記事をご紹介します。

今回は、脱毛に悩んでいる方、すでに薄毛になっている方には必見です!!


頭皮マッサージを行う健康美容サロン「自然美」(東京都)の毛髪診断士、新藤かず江さんが「シャワーを使った頭皮にやさしいマッサージ法」をアドバイスされています。

◎まず、自分の頭頂部の状態を鏡などを使って確認してください。
 (脱毛にお悩みの方は勇気が必要でしょうが、がんばって!)

@頭皮が青白くて厚みも薄くて弾力がない方
冷え性気味の人なので、温度は高めの38〜39度、水圧は弱めのシャワーで丁寧にシャンプーする。

A頭皮が茶色か黄色の方
血行が悪くてこりがあるので、指の腹で頭皮をこするように38〜39度のシャワーでしっかり洗う。

B頭皮がまだらに赤みがあって張りがある方
ストレスが多く、不摂生な生活(現代人には多いそうです)。36度以下のぬるめのお湯で緊張をほぐすようにやさしくもんでやる。
また、頭皮が赤いのはフケやかゆみも多いそうなので、もみながら汚れをとることが大切。


マッサージは、10本の指で頭全体をつかんで、小さな円を描く要領でやるそうです。また、額の生え際を指先で押すと、内臓も活発化されるそうなので是非お試しを!


これは新聞記事ではありませんが、興味深い脱毛解消法だったので付け加えておきます。
俳優で映画監督だった(故)伊丹十三さんをご存じでしょうか?
この方もある時期に脱毛で悩まれたそうです。いろいろ考えたあげくに独特な脱毛解消法を発案されました。

それは、「自分で髪をつかんで思い切り引っ張る」という方法です。
もちろん抜けない程度にでしょうが、何か怖い感じがしますね。

でも、ちゃんと医学的な根拠があるようで、髪を引っ張ることにより頭皮と頭蓋骨の間の脂肪層が拡がって血行がよくなる。それにより毛髪が再生するという論理です。

脱毛するということは血行が悪いから。それは、頭皮が引っ張られて脂肪層が圧迫されているから。だったら髪を引っ張って脂肪層を拡げて血行をよくすればいいじゃないか、と考えたようです。

やはり人並みはずれた頭脳と決断力ですね。
でも実際に効果があり、黒々と髪の毛が再生したとのことです。


脱毛でお悩みの方は、いろいろな方法や育毛剤をお試しだと思いますが、どうしても効果がない方は伊丹流も試されたらいかがでしょうか。






posted by ペガサス at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。