2008年07月07日

■ マルシアさんのネギトロ好き! 理由を聞いて思わず感動…

「くらし」欄の記事からです。

歌手のマルシアさんはブラジル生まれの日系3世です。
そのマルシアさんが、大のネギトロ好きとは思いもしませんでした。

マルシアさんは「外国人歌謡大賞」南米大会で優勝したのがきっかけで、東京で開かれたワールド・チャンピオン大会に出場し、そこで作曲家の猪俣公章さんの目にとまってスカウトされ、東京都内の猪俣さんの自宅で内弟子生活が始まりました。

猪俣さんは、すぐにお気に入りのすし屋へ連れて行ってくれたんですが、それまで、すしといえばキュウリやカンピョウが入った太巻きしか食べたことがなかったそうです。

初めての生魚にちょっと抵抗があったそうですが、軍艦巻きのネギトロを食べたとたん「こんなにおいしいものがあったのか」と感激したということです。

その当時は日本語も話せないし、不安で寂しくて布団の中で声を押し殺して泣いた夜もあって、「もう帰ろう」と何度も思ったそうです。
でも、ブラジル移民として苦労を重ねたお祖父さんの「成功するまで帰ってくるな」という言葉を思い出して頑張りました。

そんな生活の中で、猪俣さんは時々、宴会の帰りにすしの折り詰めを持ち帰って、内弟子たちに「みんな食べろ」と声をかけてくれ、マルシアさんは真っ先にネギトロをいただきました。

その当時を「来日したからこそ食べられる最高のぜいたくでした。日本で歌手としてデビューするチャンスを与えられた幸せを思い起こし、くじけちゃいけないと踏ん張っていました」とふり返っています。

それから2年後の1989年1月、「ふりむけばヨコハマ」でデビューできました。

お祝いということで、猪俣さんはいつものすし屋へ連れて行ってくれました。注文したのは、もちろんネギトロでした。
「感謝で胸がいっぱいになりました。その時いただいたネギトロは、とても甘く、優しいお味がしました」

その時の猪俣さんのまなざしは、巣立つ娘を見送る父親のように優しくて、そして寂しげだったそうです。


この記事のマルシアさんのお話を聞いて、猪俣さんの優しさが本当によく伝わってきて感動しました。
それと、「マルシアさんは頑張りやさんなんだなあ!」って感心してしまいます。
猪俣さんの優しさもあって頑張れたんでしょうね。

そんな猪俣さんから育まれたマルシアさんも、心やさしい方だと想像します。
今度はミュージカルに出演されるようですが、健康に気をつけて頑張って欲しいと思います。
それに小学5年の娘さんのお母さんでもありますので、愛情をたっぷり注いでやさしい子に育てて欲しいですね。

タグ:マルシア
posted by ペガサス at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生をひと工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

■ 不屈のひみつ(漂白人生も京都で終止符)

宗教学者である山折 哲雄(やまおり てつお)さんをご紹介します。


山折さんは、国際日本文化研究センターの所長も務め上げた方で、現在も同センターの名誉教授という立場の方です。

国際日本文化研究センターは略して日文研といいますが、「真理の追求」を目的とした内外の研究者が集い、地道な学問研究を積み重ねているところです。

---------------------------------------------------------------

山折さんは、「若い頃はけんかっ早くって。そのうえ病気体験も豊富だから」と自らをお話しされています。

母校である東北大学の助手に採用されましたが、主任教授と対立して1年で辞職。
次に勤め始めた民間の研究所は、3年ほどで脱税で摘発されてしまい、また、37歳の時には十二指腸潰瘍ができてしまったようです。

この頃のまだ回復していない体を守るために工夫されたことは、込み合った電車で力いっぱい押してくる人は、2度押し返してからそっと体を引く、というものです。
こうすることで重みを感じなくなり、自分の力で立っているのが実感できて体への負担も少なくなるということです。

このことを通して、「人間関係は、押すばかりではだめ」と学ばれたようです。

ですが、「学問には批判精神が必要だ」との考えが根本にあったようなので、また東北大学から誘いがあって助教授になった時にも、また教授と意見が合わずに4年半で退職されたそうです。

このときの反省として、「人間関係は、押すばかりではだめ」と自らに言い聞かせていても、「いざ、その場になると、考えているようには行動できなかったなあ」と振り返えられています。

それだけに、世話になった医師の「患者の痛みを止めて、ほめ、手でさすることが私の仕事」という言葉が心に響いたようです。

それに対して、「痛みを止めるどころか、ついて刺激し、ほめずに批判し、さするのではなく、言葉で刺して圧力をかけてきた」と、自身を省みられています。

結婚後の引っ越しは10回以上で職も転々とされた山折さんですが、この漂泊人生に終止符を打ったのが京都です。

暮らし始めてもう20年になるそうですが、何より、「水が合った」。そして「日本の歴史を散歩しているような気分になれる街だから」と語られています。

また、次のようにもお話しされています。
「定職についていなかった時は、不安から逃れようとして歩いた。だが、京都では、歩く時間が楽しくてならない。3年前に所長を退任してからは、暮れていく空を見ながら、作務衣に下駄を履き、自宅近くの四条通りを散歩するのが日課になった。
「歩くことは、死に支度にもなるんですよ」。「寝たきりにならず、自然に死ぬには、足腰を鍛えなくては」・・・と。

---------------------------------------------------------------

山折さんの漂泊人生を通して何を感じられたでしょうか。

仏教では、「人間は生きながらにして、知らず知らずのうちに業を重ねている」と説いています。

それは「自分が無意識でもポケットにゴミがたまるようなもの」と比喩されますが、それがいろいろな「因縁の元となる」と。
そして、その因縁を消除するのは「人を救けるという善行である」とも。

山折さんは、節目節目で「菩薩の妙音」を聞かれています。
それにより自己を反省思惟して心を正し、そして、それを実践されてきたところに「不屈のひみつ」があるように思えますが、いかがでしょうか?


タグ:山折 哲雄
posted by ペガサス at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生をひと工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

■ アルミ小皿に注目!伝統技の反射がすばらしい

讀賣新聞の日曜版からです。

お茶や食事の時に卓上におしぼりを出すのは日本独自の風習なんだそうです。

手をきれいにするだけでなく、暑いときに冷たいおしぼりは気持ちがいいですし、寒いときの温かいおしぼりが気持ちをリラックスさせてくれたりします。

お客様を迎える時には絶対に欠かせないものですね。

これは記事の要約文です。
-------------------------------------------

東京京都に店舗を構え、生活雑貨から家具まで幅広く扱う「スフェラ」で、そんな時にも使えそうな器を見つけた。

銀色に輝くアルミ材に、鍋の表面に使われる「打ち出し」の接が施された小皿だ。
京都の鍋作りの職人に、スフェラの代表である真城成男さんが依頼して作り出したものだという。

ひとつひとつの打ち出し面が光を反射して、独特の文様を描き出す。
細長い八角形をした皿の形と、縁の部分が少しせり上がった立体的な作りで美しい。

伝統技が生み出した機能美を、今という時代の中でも生きるモダンな器に仕上げているのがいい。
アルミという素材は、使っていくにつれて少しずつ白っぽくなり、輝きが柔らかくなっていくそうだ。
器に独特の風情をもたらしてくれそうで、それも楽しみだ。

---------------------------------------------------------------
本来の目的で、お菓子とかちょっとした料理を盛りつけてもよく似合いそうですね。

いろいろな使い方を工夫されてはいかがでしょうか。

タグ:小皿
posted by ペガサス at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生をひと工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

■ 不屈の秘密(世界が認めた母) ■

読売新聞(日曜版)に載っていた勝間和代(かつまかずよ)さんの記事をご紹介します。

(経済評論家)勝間和代さん
1968年、東京都生まれ。経済評論家・会計士
3人の娘の母としてワーキングマザーのためのホームページ「ムギ畑」を設立した。
近著「効率が10倍アップする新・知的生産術」(ダイヤモンド社)は25万部のベストセラー


この方は、米経済紙ウォール・ストリ」ト・ジャーナルが選ぶ「世界の注目すべき女性50人」に選ばれた素晴らしい方ですが、何よりもすごいのは、「人生も複利効果」という発想です。


10代で公認会計士。その後、3児の母ながら外資系の職場も経験されて順調に昇進されたそうですが、周囲の驚きをよそに突然の退社。

その理由は「これからさらなる昇進に向かうべきか。いや、経営者になることは人生のゴールではない」と考えられたそうです。

その後、外資系証券会社を経て経済評論家として独立されましたが、100万部を超えるベストセラー作家でもあります。

そして、たどり着いた成功のこつは意外とシンプルで、「毎日毎日、改善を少しずつ繰り返すことに尽きます」とお話しされています。

その考え方というのは、株式投資などをされている方はおわかりでしょうが、1日2%の利益が1ヶ月で2倍となる複利。「この複利の効果は投資などの経済面だけではなく、生き方にも当てはまる」という発想です。


いかがでしょうか?試してみませんか、この発想を!

人生は辛くて苦しいことの連続ですが、
 (1)ああ、もうダメかも知れない、あきらめようか・・・
 (2)コツコツと出来ることをやってみよう、あきらめず・・・

どちらの道を選んでも「複利効果」です。とすれば当然(2)の道を選択ですよね? 
頑張って生きましょう「複利効果」で!!


最後に、勝間和代さんの「だれでも人生が10倍楽しくなる」3か条をご紹介します。
 (1)起きたことは全て正しい 
    起きたことは全て事実。それを受け止めてどのように行動すべきか、
    メッセージを受け取ってベストの選択をし続ける。
 (2)三毒追放
    三毒は仏教用語。怒らない、ねたまない、愚痴らない、で前向きな心を持つ。
 (3)複利で改善
    いいことは雪だるま式に大きくできる。貯金だけでなく、知識や技術などにも応用したい。


この前向きな姿は見習いたいですね!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたの秘めた可能性を生かしてみませんか?
すばらしいシステムがここにあります。
真面目な方だけに見ていただきたいです。
http://big-time.cc/ssv/jobt1955

ちょっとだけ、誰かに話を聞いてほしい気持ちになることはありませんか?
いろいろなご相談もいただいています。
http://big-time.cc/39s/jobt1955




▽▽▽ 関連ブログのご紹介 ▽▽▽

連載第2回アップ!勝間和代さんの日経マネーデジタル連載

本誌人気連載勝間和代さんの『あなたが株式投資で間違う理由』。 第2回(日経マネー7月号掲載分)を日経マネーデジタルにアップしました。 今回のお題は「経営者が魅力的だから買う」のは間違い。 です。 個人投資家に大人気のあの2銘柄を取り上げます ...



最強ワーキングマザー対談:西原理恵子×勝間和代

1日おきにアップされてた対談が全部まとまったようなのでリンクを貼っておきます。 最強ワーキングマザー対談:西原理恵子×勝間和代. 「女の人は働いたほうがいい」; 「スカートは、はかない」; 「日本は子供に冷たい国」; 「『手伝う』って言うな」 ...



勝間和代「資本収入を増やして雇用を増やそう」− 日本人の預金が多 ...

またしても勝間×西原対談を取り上げます。 何と言っても内容が素晴らしいので、 単行本として出版すべきだと思います。 毎日新聞社の皆様、いかがでしょうか。 このふたりなら、よく知らない人にも金融のことを分かりやすく面白く伝えられる筈です。 ...



西原理恵子さん×勝間和代さん

最強ワーキングマザー対談読みました! いやぁ、強烈です。 うなづけるところもそうじゃないところもありましたが、これだけ思いっきり言ってくれるということ自体が気持ち良いですね。さすが最強ワーキングマザーです。 男性や、女性でも、読んで腹が立つ ...



いよいよ今週末から!勝間和代さんサイン会迫る! 田中

6月6日(金)より『勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力』を店頭でご予約いただいたお客様先着150名様に整理券を配布いたします。(お電話でもご予約お受けいたします。サイン会当日までにお買い求めのうえ、整理券をお受け取りください) ...



勝間 和代「効率が10倍アップする新・知的生産術」

勝間 和代さんの本を読むのは、お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書) に続いて2冊目。 この人の本を読むと、それだけでなんだかすごく知的になったような気がしますねー。 そもそもダイヤモンド社の本なんて、 ...



勝間式「利益の方程式」 商売は粉もの屋に学べ!

特に、「論理思考力」については、外資系コンサル等で多用される基本的なテンプレート21をカラーチャートにして掲載。 それに加えて、それぞれのフレームワークごとに勝間さんがお勧めする書籍もカラーで紹介しています。 まさに、勝間和代の「頭の中」、 ...



勝間和代師匠登場です。

エルメスの手帳に、うっとりですが、それよりも勝間和代師匠に100の質問ですよ。 いまさらながらですが、勝間さんって、私と同じ12月生まれのいて座なのですね。今頃知ったのかと、怒られそうですが。私が共感できること多し、なのは、そんなことも ...



書評:勝間式「利益の方程式」 商売は粉もの屋に学べ!

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 22 レバレッジ英語勉強法 最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル 決算書の暗号を解け! ...



勝間和代2007『お金は銀行に預けるな』光文社(光文社新書).

これをスタートにいろいろと学んでいきましょうという本。 投資信託、インデックスファンドに興味を持ちつつ、 まあいろいろ読んでみようかと。 お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)勝間 和代光文社このアイテムの詳細を見る.



「勝間式 利益の方程式」(著:勝間和代 を読みました

「「利益の方程式(著:勝間和代)」の紹介」 価格:1575円税込み内容:勝間流の簡単な算出方法。 感想:「題名は「利益の方程式」。 今までは複雑な算出方法があったが、 本質に基づき、勝間さんの考えが入り、簡易化。 いままで、複雑だったのが境界。 ...



[勝間和代]『決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール』0080

勝間和代氏の本は何冊か読んできたが、いわゆる仕事術系の本ではなく企業分析、財務分析といったような本業に関する本が読んでみたかったので、評判の高い本書を手にとってみました。 企業の財務諸表から何がよみとれるのか、どんな読み方をすればよい ...



勝間和代さん著、「利益の方程式」を読む!

勝間和代さんの書いた「勝間式、利益の方程式」(東洋経済新報社)である。この本を買う動機となったのはパラパラとページをめくっていたら、万能利益の方程式が目にとまり、利益を金額PI値(客単価)を用いて解説していたからである。 ...



第5会 『勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド』

今日の本は、勝間和代さんの原点とも言えるべき本 「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」です。 勝間さんといえば、最近「情熱大陸」にも出演されるほど大活躍されている女性です。 勝間さんの書いた本は今やたくさんあるのですが、 ...



型の力で肩の力を抜け - 書評 - ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力

勝間和代のビジネス頭を創る 7つのフレームワーク力 勝間和代. 初出2008.06.12; 販売開始まで掲載. フレームワークを知悉し、フレームワークで今の地位を築いた著者が、フレームワークを縦横無尽に使いまくって書き、それをベストセラー出版のフレーム ...



2008年度上半期ビジネス書ランキング

勝間 和代 おすすめ平均 ライフハックの入り口はそれぞれある。勝間流に合う人も合わない人も 「食事情報」は面白い「思考の補助線」です 生産性向上のためのたくさんのヒント 勝間和代の知の技術公開本 ストイックゆえに説得力あります。 ...



勝間和代さん その4 西原理恵子さんと対談(毎日新聞)

毎日新聞のwebで、勝間和代さんと西原理恵子さんの対談が公開されています。 働く女性に関する問題を取り上げています。 最強ワーキングマザー対談. 子育てに関する話題が主ですが、今の日本の制度などの問題点をかなり突いていて興味深いです。 ...



勝間×西原で対談を組んだ人が偉い!

最強ワーキングマザー対談:西原理恵子×勝間和代 最初は、どうしてって? 思いませんか? でも、読むうちに本当に納得。 >「毎日かあさんち」のリニューアルを記念して、このほど行われた特別対談のほぼ全部を7日間、13回に分けて掲載します。 ...



【勝間流】「勝間和代にインディペンデントな生き方を学ぶ」セミナーに ...

今日お送りするのは、昨日開催されたセミナー、『勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド』刊行記念「勝間和代にインディペンデントな生き方を学ぶ」の模様。 仕事もひと段落ついたということで、平日の夜に、久々に新宿まで遠征して参りました ...



最強ワーキングマザー対談:西原理恵子×勝間和代

経済評論家の勝間和代さんと、 漫画家の西原理恵子さんとの対談記事が、 毎日.jpに掲載されています。 かあさんNEWS - 毎日jp(毎日新聞) 最強ワーキングマザー対談: 西原理恵子×勝間和代. この対談は、「毎日かあさんち」のリニューアル記念という ...



毎日かあさんたちが貧困を語る

▼最強ワーキングマザー対談 西原理恵子×勝間和代 http://mainichi.jp/life/kaasanchi/news/2008/06/68.html >勝間 相対的貧困レベル(年収が全国民の年収の中央値の半分に満たない国民の割合)は今15%になってますから、貧困はかなり拡大してきてます ...



勝間和代さんの講演会

売り出し中の評論家、勝間和代さんの講演会を紀伊国屋ホールで聞いた。 著書「インデペンデントな生き方に学ぶ」の刊行を記念したものだ。 いつもは落語を聴くことが多いこのホールだが、. 講演会は若い女性の聴講者が多かった。 ...



「勝間和代にインディペンデントな生き方を学ぶ」に行ってきました!

勝間さんも、旧インディが「勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 22) 」となって新書版となったのはsmoothさんのお陰だと、今日の講演会でハッキリ言及しておられました。 smoothさんを真似して私も頑張ります。 ...



[セミナー]『勝間和代にインディペンデントな生き方を学ぶ』

[asin:488759626X:detail] 勝間和代さんの『インディペンデントな生き方を学ぶ』講演会に行ってきました! 勝間さんの講演会は「知的生産術」「決算書の暗号化を解け」「論理思考力」「利益の方程式」に続いて今年に入って早くも5回目です! ...



【注目】名古屋で勝間和代さんの講演会があります

勝間式「利益の方程式」刊行記念 勝間和代先生講演会&サイン会 日時 平成20年6月25日(水)18:30? (開場18:00) 会場 テルミナ8階A1・A2会議室 参加費 500円 お申込方法 イベント参加には事前配布しております参加整理券が必要になります。 ...



勝間和代(かつまかずよ:経済評論家・公認会計士)さんがつ(はなまる ...

■ 世にも奇妙なスリッパいろいろ (情報屋さん。 ) はなまるマーケットで紹介された変てこスリッパ、キャラクタースリッパ、世にも奇妙なスリッパのいろいろな画像をまとめて紹介しています。 先日、はなまるマーケットで「 塩そぼろ 」という常備菜を ...



年収10倍アップ勉強法

『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』(勝間 和代)、読了しました。 勝間和代さんの本、3冊目です。 無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法, 無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 (2007/04/05) 勝間 和代 商品詳細を見る ...



勝間和代著 『お金は銀行に預けるな』

私の後輩で、勝間和代氏に心酔している人がいる。先日も、勝間氏と神田昌典氏(カリスマ経営コンサルタント)のトークライブを聞きに行って、「人生の勝者」となるための貴重な理論を仕入れてきたらしい。彼は『お金は銀行に預けるな』はもちろんの ...



ぜひ「原作:勝間和代、まんが:西原理恵子」を実現していただきたく

これだけおもしろい組み合わせなのだから、対談にとどまらず「原作:勝間和代、まんが:西原理恵子」を実現していただけたら発売日に10冊買うわ。サイバラの絵柄で表現された勝間本もまた独特の味が出るのではないか。個人的には ...



勝間和代さんセミナー2

初めて勝間さんのお話を聞きました。 マイミクの「りこさん」のブログから興味を引かれ、短い期間でセミナーを聞けたのは何か縁が有るのかもしれません。 悪のりしてサイン会にも参加。 力強い握手と目力の強さに納得しました。 ...


タグ:勝間和代
posted by ペガサス at 13:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 人生をひと工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。