2008年07月23日

■ キャノンにどう対抗? セイコーエプソン新社長!

讀賣新聞の経済面からです。

プリンターといえば、国内ではやはりキャノンとエプソンが主流ですね。

私も現在は、キャノン製はそれぞれ単品のプリンターとスキャナー。エプソン製はプリンターとスキャナーのオールインワン。それからHP製のプリンターを使っています。

このメーカーだからいいとか悪いとかではなく、それぞれの特徴を活かした使い方をしているつもりですが、数年前から比べると、プリンターの印字品質や動作音、スキャナーの読取り速度、動作音、OCRソフトなどは驚くほど進化しています。

それでも価格はほとんど据え置き状態。これは消費者にとって大変有り難いことで、さらにどのような方向に進化していくのか…と興味深いものがあります。

それに関連するプリンター事業について、今年の6月からセイコーエプソンの社長に就任された碓井 稔(うすいみのる)さんが、技術面の課題や将来展望について明かされています。

記事の要約です。
---------------------------------------------------------------
(キヤノンと違って)カメラがないのは、写真などの領域で決して有利ではありません。
しかし、プリンターはやはり印刷するものですから、カメラとの相乗効果よりも印刷のプロセスや品質のほうが重要です。

同じインクジェットでも、インクを飛ばす原理がキヤノンとは違うので、どちらの原理が優れているかが、最終的に最も大きな要素になると考えていますし、多くのプロの方にエプソン製品を使っていただいています。
ないものねだりして、デジタルカメラをやらないとプリンター事業もおかしくなるからデジカメをやろう、とは考えません。

最近のプリンターは多機能になってきていますが、やはり商品の基本性能を高めることが第一です。
早くてきれいに印刷でき、維持費が安くて壊れにくく、デザインも魅力的であることが必要です。

インクジェット方式は、必要な時に必要な量だけ必要な場所で印刷できる、環境への負荷が少ない技術です。
家庭用だけでなく、染色や印刷など産業用にも幅広く応用できるので、新商品を出しながら会社を成長軌道に乗せていきたいですね。
---------------------------------------------------------------
このコメントから、エプソンとしては多角的な商品開発より「プリンターの基本性能」に的を絞った事業展開を推進していく、という真摯な姿勢が感じられて好感が持てます。

エプソンのプリンターは、数年前の甲高いギア音が全くなくなり、印字品質やスキャナー部のOCR機能も大変気に入っていますが、さらに、インクのコストパフォーマンスと印字速度の向上を期待したいと思います。

posted by ペガサス at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | やさしい経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

■ たばこの深夜販売再開! タスポで買っていますか?

経済欄からです。

たばこ販売店が加盟している全国たばこ販売協同組合連合会は、自主規制している自動販売機の深夜販売を8月から再開する方針を30日に発表しました。

午後11時から午前5時まで、未成年者の購入を防ぐという目的で自粛していましたが、ICカード「タスポ」が全国にかなり普及したので未成年者が自動販売機で購入するという懸念が無くなった、との説明です。

タスポは、関東と沖縄の9都県も7月から対象になるそうなので、これで47全都道府県で導入されることになります。

とは言っても、日本たばこ協会の調査によると、6月24日現在のタスポ発行枚数はまだ641万枚ということで、これは喫煙人口の25%にも満たないそうです。

実際、タスポの申請は面倒ですよね。
写真を貼って・・・どうこうなんて。
コンビニのたばこの売り上げが伸びているそうですが、当然ですよね?

タグ:タスポ
posted by ペガサス at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | やさしい経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

■ NPO仲間が投資会社設立

NPO仲間が楽知ん投信という会社を設立しました。


代表は秋田総一郎さんですが、この方はもと電鉄会社の社員で、バスの運行計画作りや法務などを手がけていたキャリア20年という電鉄会社の社員でした。

その秋田さんがこの投信会社を立ち上げるきっかけとなったのは、その当時、科学の楽しさを子どもたちに伝えるNPO法人に参加したしていて、そのメンバーの1人が投資信託を取り扱う独立系の会社の存在を知ったことにあります。

その投信会社は、短期売買で利益を稼ぐのではなく、投資先の成長を見守りながら、何年もかけて長期に渡って財産を殖やしていく長期投資を目標に掲げていました。

このことがきっかけとなり、次第に仲間内で投資の勉強会を始めることになりましたが、「社会に必要なモノやサービスを提供する会社を応援しながら、自分の大切な財産を殖やしていけるところ」に興味をひかれて、自分たちも長期投資の投信会社を作りたいという思いが強くなり、ついには会社設立に至ったということです。

この会社のおもしろいところは、出資者の14人中11人がNPO法人の仲間である元・現職の教職員で構成されているところです。

また、楽知ん投信という社名は、「投資活動を通じて、経済や社会を知ることを楽しもう」という意味が込められています。

今年4月から創業初の投信である「らくちんファンド」の運用を始めましたが、この投信は、「金融機関を介さないで口コミで投資を呼びかける」という大きな特徴を持っています。

「投信に関心が薄い人たちに、長期投資の魅力を訴えたい」と張り切られています。




 ▽▽▽ 投資に興味がある方へ ▽▽▽
株式売買にもディトレードといわれる超短期売買やスィングという短・中期売買。さらに企業成長に投資をする長期投資があります。

そのほかには、おなじみのFXやワラント、商品相場などがあり、買値やレバレッジなど多種多様です。

投資に興味をお持ちの方、これから始められる方がいらっしゃるでしょうが、資金量や自分の性格・気質を良く認識された上で始められるようお奨めします。

また、投資は利益も出ますが、いかなる場合でも自己責任ですしリスクも伴います。
したがって、商品の中身の十分な確認と、

 1.自分の売買ルールをしっかり確立する。
 2.資金管理を徹底する。
 3.売買ルールと資金管理ができるメンタルコントロール

の3項目が大変重要になります。

次のようないろいろな教材のほか、セミナーや投資顧問などで学習したり疑似体験をされてから始められたらいかがでしょうか。
2年3ヶ月で3億円稼いだ暴落投資法

株式初心者が2年で1億円を稼ぐ投資法

投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード

「最後の株式投資マニュアル」厳選銘柄レポート配布、永久無料サービスつき

「株 ここが違う!勝ち続ける株式投資、儲ける為の売買ルール徹底解明」

1日わずか15分!株式投資で年利96%!常勝トレード必勝法!


タグ:投資信託
posted by ペガサス at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | やさしい経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

早めの店じまいを?新銀行東京どうする!

讀賣新聞の「キャッチボール」というコラムです。

東京都が設立して、経営不振に陥っている新銀行東京
なぜ多くの不良債権を抱えてしまったんでしょうか」という読者からの質問に答えています。


以下は、記事の要約文です。
------------------------------------------

1990年代後半から2000年ごろにかけて大手銀行は、バブル崩壊で不良債権をたくさん抱え込み、企業向けにお金を貸し渋りました。

これに対応するために新銀行東京は作られました。
ただ、実際に業務を始めた05年には大手行の体力は回復していたため、担保を取らない融資を無理に増やし、回収が難しい不良債権が増えてしまいました。

北海道拓殖銀行や山一証券がつぶれた90年代後半に民間の金融システムは激しく動揺しました。
当時、宮沢蔵相は、貸し渋り対策として、中小企業向けに無担保でお金を貸して、倒産して返せなくなった場合には政府系金融機関の中小企業金融公庫や信用保証協会が代わりに返済してあげる特別な保証制度を作りました。
貸し渋る民間銀行に代わる資金供給の役割を果たしたわけです。

ただ、中小公庫が代わりに返済したお金は12%程度しか回収できず、当初予想していた50%を大きく下回りました。
無担保で中小企業向けに融資を拡大し、回収ノウハウも不足していた新銀行東京が経営難に陥るのも当然です。

--------------------------------------------------------------

今回の新銀行東京問題の経緯と問題点が書かれています。

お金を気安くばらまいたけど回収能力が不足ということですから、金融機関としては相当ワキがあまかったようです。
チェック機関は機能していなかったんでしょうか。定期監査もあったでしょうが、全く不思議な話です。


更に400億円を追加出資して事業継続しようとしている東京都ですが、果たしてうまくいくでしょうか。
政府系の日本政策投資銀行は、これからは投資会社に近い形態で生き残っていこうとしているようなので、追加出資しても傷口を拡げるように思います。

都知事ばかりを攻撃しているように見える都議会ですが、問題が表面化するまで気づかないでいたとすれば、都議会にも責任の一端はあるように感じますが、みなさんはどう思われますか?
posted by ペガサス at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | やさしい経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。