2008年07月04日

■ 小泉元首相!内閣改造 解散におどし発言?

自民党の小泉元首相が、内閣改造について言及しましたが・・・。

都内で講演した際の発言ですが、いろいろなことを言っていますので、ちょと列記してみます。


「内閣改造するなら、衆院議員の任期はあと1年あまりしかないので、福田首相が自分の手で衆院解散するだろうと思う人が多くなる」

「改造後にもし首相が衆院選を自分の手で行わないと言ったら、新首相の下でまた閣僚を替えるのか、という問題が出てくる」

「この内閣改造は難しい」

「今の閣僚はよくやっている。新しい閣僚が国民の支持を受けるかという問題がある」

「首相の力の源泉は解散権と人事権で、失敗したら退陣せざる終えない」

「首相が決断すれば、私と逆の意見でも指示する」


以上です。

首相が内閣改造を断行することは、次期衆院選に臨む事になると言いたいようですが・・・。

でも、国民の目線を気にしろ?、でも改造は難しい?、今の閣僚はよくやっている?、自分と逆の意見でも指示はする?、でも失敗したら責任は取れ?

結局は何を言おうとしているんでしょう?
さっぱり理解できません。

今の閣僚はよくやっているということは、今の内閣はよくやっているとの評価でしょうか?
そうだとしたら、それは身内としての評価でしょう。

原油高に物価高、年金問題に悲惨な犯罪が急増などなど・・・
歴代内閣と比較しても、こういう諸問題に積極的に施策を打ち出そうとする姿勢がほとんど見えません。

どうもこの発言は、自己顕示という言葉にぴったりでただそれだけと感じますが、みなさんはどうお思いでしょうか?


タグ:内閣改造
posted by ペガサス at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ちょこっと政治を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

衆院比例選廃止を? とんでもない公明ピリピリ

讀賣新聞の政治欄からです。


自民党の伊吹幹事長衆院選比例選の廃止を主張したらしく、公明党がビリビリしているとの記事です。

連立相手の幹事長から自分の党に不利な発言をされたら、太田代表が怒るのも当然ですよね。


以下はその要約文です。
-----------------------------------------

伊吹氏は28日の党の会合で、現行の衆院小選挙区比例代表並立制(小選挙区300、比例180)について、「比例選は早晩やめて、定数を小選挙区の300にした方がいい」と語った。

この発言に、公明党の太田代表は30日の記者会見で「とんでもない話だ。民意を反映するには比例選が基本になくてはダメだ」と反発。
「比例代表の変形として、中選挙区制を(望ましいと)主張している」とも語った。

小選挙区は自民、民主両党に有利で、公明党にとって、伊吹発言は看過できなかったようだ。

伊吹氏は30日の記者会見で「ポイントは国会議員が自ら血を流すことだ」と定数削減が主眼だったと説明。
「比例選の定数を減らすこともあるし、中選挙区に戻す提案もあるし、話し合ったらいい」と語った。

---------------------------------------------------------------

息吹幹事長、時々問題発言をされるように思いますが大丈夫でしょうか。

今回の発言は極端に国民を憤慨させるものではないようですが、内閣支持率が瀬戸際まできているときですので、好ましいものではないと思いますが・・・。

というか、選挙の仕組みをいじくり回して優位性を求めるより、国民が真に求めているものを政策に生かした政治を実行した方がより近道だと思いますが。いかがでしょうか?


posted by ペガサス at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょこっと政治を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

中国チベット自治区区で抗議の僧侶にまた遭遇

讀賣新聞の社会面です。


中国のチベット自治区での僧侶による騒動が国際問題になりつつあります。
特に人権問題に厳しい見方をするヨーロッパ諸国をはじめ、国際社会全体で北京五輪のボイコットが議論されています。

その最中、中国政府の手配で現地を訪れた一部の外国メディアの取材団が、中国当局に抗議するチベット族僧侶に遭遇したという記事です。

これが記事の要約文です。

------------------------------------

中国政府の手配で同県を訪問中の一部外国メディアの取材団が9日、中国当局に抗議するチベット族僧侶の一団に遭遇する騒ぎがあった。

取材団によると、同日正午過ぎ、同県のチベット仏教寺院ラブラン寺で、僧侶約15人が約5分間、チベット語で「チベットには自由がない」などと訴えたという。

その後、当局側は「参加したのは一部の若い僧で、だれかがやらせたことだ。
彼らは法に基づいて処罰されるだろう」と説明したという。

3月下旬にも、外国メディア取材団が政府の手配でラサを訪れた際に同様の騒動が起きていた。

---------------------------------------------------------------

先日のテレビで、「ヨーロッパでの聖火リレーの妨害や北京五輪ボイコットの風潮をどう思うか」と中国の若者に街頭インタビューしているニュースを見ました。

その中の「中国は全く悪くない」とか「もし日本がそういう事をしたらこのままではすまさない」という答えを聞いて、思わずゾーとしました。

情報操作や報道統制だけでなく、若者の思考回路まで完全コントロールされているように思いますし、過去からの日本に対しての怨念めいたものが、ここまで根深いものかと恐怖を感じました。

みなさんはどうお考えでしょうか。
posted by ペガサス at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょこっと政治を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

「性悪どころか極悪」? どうなってるの永田町! 

讀賣新聞の「永田町フィールドノート」からです。

多数派となった民主党は『性悪』だと覚悟していたが、こんなに極悪″だとは思わなかった」と自民党参院幹部は嘆いているようです。

税制関連法案の審議入りをしない民主党に対して、自民党参院は異例の質問状を突きつけて回答を求めているが、お互いに言い分があり終着点が見えないという内容の記事です。

これはその記事の要約文です。
---------------------------------------------------------------

25日朝、国会内の自民党参院議員会長室に、与党の参院幹部が集まった。
そこで配られたのは、民主党の平田参院幹事長あての「質問状」だった。
冒頭には「年度末まで一週間を切り、参院として明確な方針を示す時」になったと記され、民主党が税制関連法案の審議入りに同意しない理由など3項目について、26日正午までに回答を求めた。

異例とも言える質問状は「明確な理由もないのに審議に応じない民主党の横暴さをはっきりさせる」(参院自民党幹部)のが狙いだが、与野党のパイプが目詰まりしていることを浮き彫りにした。
かつて参院の与野党は、表向き対立しても、水面下で連携する「談合体質」と評されていたが、様変わりした。

自民党の鈴木政二参院国会対策委員長は25日の記者会見で「(民主党が)『党の方針だから審議できない』というのは政局にしようとするものだ」と非難したが、平田氏は「審議拒否はしていない」と反論、質問状に回答しないと明言した。
与党には無力感が漂っている。

---------------------------------------------------------------
サブプライムローン問題のあおりを受けて、低迷している日本経済。それに加えて原油高、ガソリンの暫定税率はどうなるのやら。
こんな状況下で日銀総裁も決められずにいます。

どうみても、与・野党とも自己本位の主張に終始して、真に国民の方に目線が向いていないように思えてならないのですが。

それに、お互いに自己主張ばかりを繰り返している姿、それは子供達にも見せたくないようにも思えますが、皆さんはいかがでしょうか?
posted by ペガサス at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょこっと政治を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。