2008年06月16日

■ 女子スポーツ クルム伊達公子・上田桃子が大活躍!

スポーツ欄からです。

プロスポーツ界で女子選手が大活躍です。

二人とも大ファンなのでうれしい限りですが、特に伊達さんは今年4月に37才で現役復帰したばかりです。

4年間もブランクがあったなんて、とても思えませんね。
さすが元世界ランキング4位!。尊敬してしまいます。

記事の要約です。

 ☆ クルム伊達公子 ☆

テニスの東京有明国際女子オープン最終日は15日、東京・有明コロシアムでシングルス決勝が行われ、クルム伊達公子(エステティックTBC)が秋田史帆(ポッカ)を6−3、6−2で下し、シングルスでは現役復帰後初の優勝を遂げた。

伊達のシングルス制覇は1996年8月のツアー大会、東芝クラシック以来。

伊達はテンポの速い試合運びで主導権を撮り、力強いサーブやストロークで対抗した18歳の秋田を突き放した。

元世界ランキング4位の伊達は96年限りで引退したが、今年4月に37歳で現役復帰。
今大会が復帰後4戦目だった。



 ☆ 上田桃子 ☆

優勝を決めた瞬間、上田の目に涙があふれた。右手を挙げて声援にこたえると、しやがみ込んで泣き崩れた。
「いろいろな思いがこみ上げてきて、感情が抑えられなかった」

同組の大山と同じ7アンダーで18番を迎え、大山は2オンしたが、上田の第2打はグリーンエッジに。
ここから残り20ヤードを50センチにつけると、今度は大山が1メートルのパーパットを外した。

「今大会で5回以上外している距離。気持ちを落ち着か廿るのが難しかった」が、しっかりと入れ、熱戦に終小符を打った。

自身22歳の誕生日と父の日が重なり、応援に駆けつけた父の功一さん(52)にも「最高のプレゼントができた」。



上田桃子さんは、このあとすぐに米ツアーに戻るようです。

優勝の瞬間に泣き崩れるなんて、これまでにはなかったと思います。
22才の若さで米ツアーで孤軍奮闘されていますが、やはりいろいろな思いがあるんでしょうね・・・。

でも、今回の優勝に弾みをつけて、米ツアーでの初勝利を期待したいと思います。


posted by ペガサス at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

テニス全仏オープン 杉山が初戦突破!

讀賣新聞スポーツ欄からの記事をご紹介します。

テニス全仏オープンの男女シングルス1回戦で、杉山愛さんが初戦突破を果たしました。
3年連続ということですから、ほんとにすごいですね!!

伊達公子さんも現役復帰されて活躍していますので、本当にうれしくなります。

女子ゴルフ界でも、もっとベテラン選手にがんばってほしいですね!


以下は記事の要約です。
--------------------------------------

テニスの全仏オープン第4日は28日、男女シングルス1回戦が行われ、女子第1シードのマリア・シャラボワが、世界ランク103位で同じロシアのエフゲニヤ・ロディナに6−1、3−6、8−6で辛くも競り勝った。

27日の女子シングルス1回戦では、第31シードの杉山愛(ワコール)が世界ランク102位のアーラ・クドゥリフツェワ(ロシア)を6−1、2−6、6−3で破り、3年連続で初戦突破を果たした。

中村藍子(ニッケ)は、第4シードのスベトラーナ・クズネッォワ(ロシア)にストレート負け。

---------------------------------------------------------------

意外にも、シャラポワさんが苦戦したようです。

中村藍子さんは残念ながらストレート負けでした。
次回は是非とも実力を発揮していただきたいですね。

posted by ペガサス at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

伊達公子さん 現役復帰!?

讀賣新聞の社会面からです。


大変うれしいニュースです!!
あのテニス界の伊達公子さんが復帰するということです。

伊達公子さんは、2001年にカーレーサーのミハエル・クルムさんと結婚されています。


以下は記事の要約文です。

--------------------------

元女子プロテニス選手の伊達公子(本名クルム伊達公子)さん(37)が、本格的なツアー参戦を念頭に現役復帰することが、6日わかった。
先月にはエキシビションマッチで、元世界女王のシュテフィ・グラフさん(独)らと対戦。
鋭いライジングショットなど、全盛期を感じさせる好プレーを披露したばかりだった。
伊達さんの所属事務所によると、現在抹消しているプロ選手登録を近く復活させて、ツアー参戦を目指すという

---------------------------------------------------------------


なお、有明コロシアムで行われた「ドリームマッチ2008」に向けてのコメントが、伊達公子さんの公式サイトに載っていますので、これも要約文を書かせていただきます。

---------------------------------------------------------------

もうニュースで知っている方もいるかもしれませんが3月15日に有明コロシアムでエキジビションをやることを決めました。

オンコートでの練習はもちろんのことオフコートのトレーニングもやって体作りを始めるのは、気持ちの上でも大きな決心が必要でした。

もちろん数年前のアキレス腱の怪我のこと、年齢のこと、そしてなによりもMichaelとのことも考慮して2人で話し合って決めたことです。

2人ともチャレンジすることが大好き、そして人生においてチャレンジは大切なことだと思っています。
Michael自身も今年は5年ぶりにFormula Nipponに再チャレンジしています。
Michaelのそのチャレンジし続ける姿に後押しされました。
年齢ではなく、限界を作らずトライすること。
勝負ではなく、自分自身へのチャレンジでもあります。

アキレス腱を切ったあと、ロンドンマラソンを3時間半で走る目標を達成したときのようにまた自分自身へのチャレンジをやりたいと思う気持ちがグラフとサバティーニの2人の名前で大きく膨らみました。
               ・
               ・
               ・
---------------------------------------------------------------

自分自身に再チャレンジしたいという気持ちが良く伝わってくるコメントですね。

一度引退された方が思わぬ再復帰。そして、また活躍する勇姿が見られることは大変うれしいことです。
同時に、本当に勇気づけられる思いです。

そういう意味でも、大リーガーの野茂選手やマラソン界の高橋尚子さんにはもうひとがんばりしていただきたく、声援を送りたいと思います。
posted by ペガサス at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。